MENU

会社情報

company

コンプライアンス

行動規範等

近年、企業は国内外で激しい競争の中にあり利益優先に走りがちになることもあります。しかしながら、消費者や取引先をはじめ社会から信頼が得られなければ、企業の持続的な発展は望めません。 そのような状況をかんがみ、従業員一人ひとりが、企業は社会の一員であることを自覚し、日々誠実かつ適切な行動をするために遵守することをまとめた「ピックルスコーポレーショングループ行動規範」を制定しました。 また、「コンプライアンス規定」制定、「内部通報制度」導入により、グループ全体でコンプライアンスに取り組んでおります。

ピックルスコーポレーション 
グループ行動規範

  • 商品

    私たちは、おいしくて安全、安心な商品をお届けします。

  • 法令遵守

    私たちは、各種法令、社会規範、社内規定を遵守し、企業倫理に基づいた事業活動を行います。

  • 職場環境

    私たちは、安全で働きやすい職場環境づくりを行います。

  • 人権尊重

    私たちは、従業員の人権を尊重し、宗教・思想信条・性別・その他業務に関係しない理由に基づいた処遇は行いません。

  • ハラスメントの防止

    私たちは、社内外を問わず、相手を傷つけるような言動やあらゆるハラスメントを行いません。

  • 環境問題

    私たちは、自然の恵みである野菜を扱う企業として、環境問題に積極的、自主的に取り組みます。

  • 社会貢献

    私たちは、積極的に社会貢献活動を行い、地域社会に貢献いたします。

  • 公正・自由な競争・透明な関係

    私たちは、公正かつ自由な競争を行い、健全な市場の発展に貢献します。また、取引先、政治、行政などに対しても透明で健全な関係を保ちます。

  • 取引先への節度ある対応

    私たちは、業務上のコミュニケーションを通じて取引先との信頼関係を構築し、不当な接待、贈答、寄付、その他便宜や利益の供与及び要求を行いません。

  • 公務員等に対する贈賄の禁止

    私たちは、国内外を問わず、事業上の便益の確保などを目的として、公務員等に対して、直接または間接に、金銭その他便宜や利益の供与とみられる行為もしくはその約束を行いません。

  • 反社会的勢力への姿勢

    私たちは、市民社会に脅威を与える反社会的勢力と一切の関係を持たず、また不当な要求にも一切応じません。

  • インサイダー取引の禁止

    私たちは、インサイダー取引に関わる法令、社内規定などを遵守します。

  • 利益相反の回避

    私たちは、個人的な利益のために、お客様、会社などに、不利益を与えません。

  • 情報開示

    私たちは、適時・適切に情報開示やIR活動を行うとともに、消費者、取引先、株主など社会からの声を大切にし、事業活動に反映させます。

  • 情報保護

    私たちは、個人情報、取引先から受けた営業上の情報などの外部流出、不正な利用を防止するための厳格な管理を行います。

  • 知的財産権の尊重

    私たちは、知的財産が会社の重要な資産であることを認識し、その保護に万全を期すとともに、他者の知的財産も尊重します。

改定 2020年5月28日

会社情報

PAGETOP