MENU

IR情報

investor relations

ディスクロージャーポリシー

情報開示の基本方針

当社は、株主・投資家の皆様が当社を正しく理解できるよう、透明性、公平性、継続性を基本とした迅速な情報開示に努めます。

金融商品取引法などの関係諸法令および金融商品取引所の定める適時開示規則に基づく情報開示を行うとともに、当社の理解のために有効と思われる情報についても適切な方法により積極的な情報開示に努めます。

情報開示の方法

適時開示規則に該当する情報の開示は、同規則に従い、東京証券取引所の提供するTDnetにて公開します。

TDnetにて公開した情報は、速やかに報道機関に同一情報を提供するとともに、当社ホームページにも同一の資料を掲載します。

将来の見通しについて

当社が開示する情報には、業績予想等の将来予測に関する記述が含まれています。

これらは現時点で入手可能な情報による当社の判断および仮定に基づいており、実際の業績は、様々なリスクや不確定要素および経済情勢や市場動向の変化等の外的要因によってこれらと大きく異なる結果になる場合があります。

従いまして、これらの業績予想等のみに全面的に依拠することはお控えくださるようお願いします。

沈黙期間

当社では、株主・投資家の皆様への情報開示の公平性を確保するため、決算期日の翌日から決算発表日までの一定の期間を沈黙期間とし、業績に関するコメントや質問に対する回答を差し控えております。

ただし、当該期間中に公表済みの業績予想と大きく乖離する見込みが出てきた場合には、情報開示の基準に従って適時適切な開示を行います。

なお、沈黙期間であっても、すでに公表されている情報に関する範囲のご質問等につきましては、対応をいたします。

IR情報

PAGETOP